3DプリンタHUNTERの練習

3Dデータをプリンターへ配置するソフトFLASHPRINTを起動しました。

直感でわかるソフトでなにもマニュアルを使わずに操作することができた。

データはFusion360で作った1/24ワイヤーホイールです。

STL形式で書き出して、Netfabでチェックするのはいままでと同じです。

それをFlashPrintで読み込み仮想空間に配置していきます

サポート材の生成はよくわからいので自動でやってますが、スポークに直接付くサポート材はダメもとで外してあります。


さてどうなりますかね。


PLUSALFA MODELCAR CLUB

全く新しいモデルカー製作のカタチを追及。 模型の設計、組立て、仕上げを一人で完結。 こんなのあったらいなぁを立体化します!

0コメント

  • 1000 / 1000