デフォルメモデルカー F40LM

3Dプリンタで出力されたものを組み立てるとき、最初にやるのは積層段差消し

ですね。


どのようにやってるのか軽くご説明をしましょ

一番よく使うのはデザインナイフですね。所謂カンナ掛けです。

全体の7割くらいはこの作業です。

力を入れても大丈夫なところはサクサク進みます。

あまりやりすぎると形を変えてしまいますのでご注意を。








次に活躍するのはファンテック グラスファイバーヤスリです。

凸凹面やC面などナイフの刃が入らないところはこいつを使います。

これは便利な道具ですが使ってるうちにグラスファイバーが折れて、それが刺さるので手袋とゴーグル、マスクが必須です。








そしてやっぱりスポンジやすりも便利ですね。

ちいさくちぎってピンセットで使うと細かいところもサクサク。

PLUSALFA MODELCAR CLUB

全く新しいモデルカー製作のカタチを追及。 模型の設計、組立て、仕上げを一人で完結。 こんなのあったらいなぁを立体化します!

0コメント

  • 1000 / 1000