DK04  C9 1989

デフォルメモデルカーキット  DK04 C9 1989 です。

部品点数を少なくして組み立てやすいキットです。

部品点数:13

全長4.5cmほど

3Dプリンター出力・アクリル樹脂製・積層段差があります・接着は瞬間接着剤、塗装はサーフェイサー塗布後、プラモデル用塗料で塗装可能です。


・パッケージ版(準備中)

・DMM.make クリエイターズマーケット版 ¥4,500~(税込・送料込み)出力素材によって価格が変わります。※デカール付属しません

写真は組み立て塗装をした完成イメージです

どちらも説明書はございません。上の分割図を参考に組み立ててください

<組立前準備>

3Dプリンタ出力品は表面にワックス状のサポート材のカスが付着しています。ぬるま湯にしばらくつけておき刷毛等でこすり取ってください。超音波洗浄機も有効です。(※離型剤クリーナは樹脂が脆くなるので使わないでください)

<接着>

瞬間接着剤または2液性エポキシ接着剤がおすすめです。

<積層段差処理>

3Dプリンタは樹脂を積層して立体化するもので木目のような段差がでてしまいます。ボディパーツなどはスポンジヤスリで平滑化しておいたほうが艶がでるようになります。小さい部品は粗目のサーフェイサーでほぼ段差は見えなくなると思います。

<塗装>

素材はアクリル樹脂なのでメタルプライマー、レジンサーフェイサーなどを下地に各種プラカラーが使えます。

<組立時の注意>

・プラモデルと違って、細く脆いパーツが多いので慎重に組み立ててください。

・パーツのクリアランスも最小限で設計してます。嵌めあいがきつい場合はヤスリをかけて調整してください。

PLUSALFA MODELCAR CLUB

モデルカー製作の新しいカタチ 設計製作を一人で完結

0コメント

  • 1000 / 1000